キャッシングとカードローンの違いは?

 
金融機関ではどちらもよく使われるキャッシングとカードローン。
キャッシングとカードローンという言葉は、ある意味同一の意味合いとして使われていることが多いです。

 

ただ、キャッシングと言うとコンビニなどのATMでお金を借りることを言いますが、カードローンと言うと利用も返済も自由にできるローンを使った融資形態のことを言うことが多いです。

 

楽天カードのようなクレジットカードを持っている人の中には、キャッシング枠という融資枠を利用している方も少なくないはずです。このキャッシング枠は、一定の限度額内で借入ができるというものであり、返済は次回のカード決済日に買い物代金と同時にすることになります。

 

これに対し、カードローンは利用額の全額を請求されることはなく、決められた金額を分割返済することが多いです。キャッシングのリボ払いと考えてもらえば話が早いのではないでしょうか?

 

ただし、最近は信販会社でもクレジットカードのキャッシング枠をリボ払いの形で返済する形式をとることが多くなりました。つまり、消費者金融のカードローンと変わらないのです。

 

クレジットカードのキャッシングとカードローンでは大きな違いが一つあります。それは繰上返済のやりやすさです。

 

金利の高いキャッシングやカードローンは、どうしても残高が多くなると利息負担が増えて返済がきつくなります。これを防ぐためにはできるだけ繰上返済をすることで、残高を少なくすることが大切です。

 

しかし、クレジットカードを利用していると繰上返済が難しいことが一般的です。基本的にクレジットカードでキャッシングをすると、返済は毎月の返済日だけに限定されます。リボ払いを繰り上げる際でも、返済月を前倒しするだけであり融通が利きません。

 

これに対し、カードローンであればコンビニATMなどで機動的に繰上返済ができるため融通が利くのです。

 

キャッシングは一括払いのことを、カードローンは分割払いのことを言う金融期間もあります。それぞれ使い方は違います。

通常、クレジットカードにはキャッシング枠があります。だからといってショッピング枠のローン返済とキャッシング枠の返済が別々というわけではありません。楽天カードもそうですが、返済は一緒にまとめられます。今返済している額がショッピングのものなのかキャッシングのものなのかはわかりません。

 

返済は一緒にされますが、利用を始める場合は別で考えられることが多いです。楽天カードの場合でもそうですが、ショッピング枠のみの申込の方が審査がスムーズだったという声をよく聞きます。キャッシング枠も同時に申込むと契約できなかったという声もありました。